内科・外科・小児科・循環器内科・呼吸器内科・リウマチ科・リハビリテーション科

医療法人坂井橋クリニック

お電話でのお問い合わせ0594-31-4553

  • ホーム
  • ご挨拶
  • 診療案内
  • 施設のご案内
  • 入院のご案内
  • 交通のご案内

健康ワンポイントアドバイス

  • 糖尿病専門外来
  • 痛風専門外来
  • 禁煙支援
  • 在宅診療支援
  • ワンポイントアドバイス

医療法人坂井橋クリニック

〒511-0912 三重県桑名市大字星川1011-1
TEL 0594-31-4553
FAX 0594-31-9293

糖尿病Vol.1

今回は糖尿病について。厚生労働省が5年毎に実施している「国民健康栄養調査」によると、2007年には糖尿病は890万人、糖尿病の可能性が否定できない糖尿病予備群は880万人と合計約1800万人にもなり、過去10年間に糖尿病は200万人も増加しています。糖尿病は今や国民病といっても過言ではない状況ですが、自覚症状がないために健診などで血糖が高いと言われても医療機関を受診しない、あるいは治療を中断する人が大勢います。放っておくと、失明や腎不全、神経障害、動脈硬化による脳卒中や心筋梗塞などの合併症の可能性が高くなります。

糖尿病ってどんな病気ですか?

糖尿病は血液中のブドウ糖濃度(これを血糖値と呼びます)が高い状態が持続する病気です。糖尿病でない人では、食後、食物に由来するブドウ糖やアミノ酸が体に吸収されると、膵臓からインスリンと呼ばれるホルモンが分泌されます。このインスリンの働きにより食物から吸収されて血液に入ったブドウ糖が筋肉組織なおへ取り込まれ、血糖が一定値以上の上昇しないようになっています。このインスリンによる血糖低下作用が弱くなると糖尿病になります。ですから、膵臓から分泌されるインスリンの量が減少したり、あるいはなんらかの原因で、分泌されたインスリンがうまく働くことができなくなると糖尿病になるわけです。実際、多くの糖尿病患者さんでは、インスリンの分泌量も低下しているし、分泌されたインスリンの効きかたも弱くなっています。
糖尿病では、インスリン作用の低下のためブドウ糖が筋肉などの細胞に入っていきにくくなるため、細胞内でエネルギー不足をきたし、また、ブドウ糖は血液中にとどまり血糖が高くなり尿の中に糖があふれ出るようになります。また、ブドウ糖などの糖質だけでなく蛋白質や脂質の利用まで障害されます。これらの結果、高血糖、高脂血症(血液中の脂肪が異常に増加した状態)となり、それらにより血管や神経が障害されいろいろな合併症が出現します。

糖尿病と診断される基準は?

(1)血糖値が次のいずれかの場合早期空腹時血糖126mg/dl異常、75g経口ブドウ糖負荷試験2時間値200mg/dl以上、随時血糖200mg/dl以上
(2)ヘモグロビンA1c(赤血球の蛋白であるヘモグロビンとブドウ糖が結合したもので、過去1〜2ヶ月の血糖値の平均を表している)が6.5%(国際標準値NGSP)以上
(1)(2)両方を満たしていれば、糖尿病と診断されます。

糖尿病になりやすい条件や要因などがありますか?

さまざまな要因で発症しますが、遺伝に加えて環境因子が関与しています。糖尿病になりやすいか上表の項目をチェックしてみて、あてはまる項目で改善できることを心掛けてみましょう。次回は、糖尿病の治療や予防についてお話します。



ページトップ