内科・外科・小児科・循環器内科・呼吸器内科・リウマチ科・リハビリテーション科

医療法人坂井橋クリニック

お電話でのお問い合わせ0594-31-4553

  • ホーム
  • ご挨拶
  • 診療案内
  • 施設のご案内
  • 入院のご案内
  • 交通のご案内

痛風

  • 糖尿病専門外来
  • 痛風専門外来
  • 禁煙支援
  • 在宅診療支援
  • ワンポイントアドバイス

医療法人坂井橋クリニック

〒511-0912 三重県桑名市大字星川1011-1
TEL 0594-31-4553
FAX 0594-31-9293

足の指などに激しい関節痛を起こす痛風。 国内の痛風患者数は40万人以上で、予備軍である高尿酸血症(尿酸値7.0mg/dl以上)の人は150万人といわれています。 ファーストフードやコンビニエンスストアが出現し飽食の時代に拍車をかけた1990年代以降は、30歳代からの痛風患者さんも増え始めました。 ビールや牛肉など食生活の偏りが原因とされてきましたが、ストレスや脱水症状なども大きな原因です。 予防、改善には食生活だけでなく、生活習慣全体の見直しが必要です。 そのまま放置すると、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞などの合併症を引き起こす可能性もあります。 痛風発作の時は痛みのため医療機関を受診しますが、良くなると治療を中断しがちです。勝手に薬をやめたりすると再び尿酸値が上がり、痛風発作が起こることもあります。定期的な通院や検査を続けましょう。

  1. 患部を冷やすこと
  2. 発作の起こった関節を安静にすること(マッサ−ジなどもってのほか)
  3. 禁酒
  4. 出来るだけ早く医師に相談すること

※バファリンなどのアセチルサリチル酸(アスピリン)は、たくさん飲むと発作がひどくなるので使わないほうが良いでしょう。解熱剤として処方された坐薬があればそれを使っても良いでしょう。


ページトップ